ゆとリズム

大学生がママチャリで日本縦断を目指す

【ママチャリ旅68日目】盛岡三大麺最終章。わんこそばで胃袋限界突破【9月23日】



久々の更新です、死んではいないのでご安心を

日本縦断の東日本編が、埼玉の実家に着いたので一区切りつきました

少し実家で休息して、溜めてたブログを更新してから西日本編開始したいと思います

それまでどうかしばしお待ちを



今日も元気にもりおか歴史文化館にて起床。

ラジオ体操の人達が集まってこられたのであいさつをして撤収



今日はわんこそばを限界まで食べるべく昼過ぎまで何も食べない&盛岡市内をさらに観光してお腹ペコペコにする作戦

朝に福田パン死ぬほど食べたかったのですが我慢しました



報恩寺方面の三ツ石神社に鬼の手形があるということで見に行きました



三ツ石神社には巨大な岩が3つあり、そこに本物の鬼の手形あるみたいですが発見できず...

これは鬼の手形のレプリカみたいですね



羅刹にこの岩に手形を押ささせたことが「岩手県」の県名の由来になっていたんですね。さんさ踊りの起源!

旅で色んな事を知れるのが本当に楽しいです



お次は報恩寺へ、五百羅漢の羅漢堂が有名であります

山門がすごい立派です



羅漢堂は拝観料が必要だったので入りませんでしたが...



そろそろお昼になるので市街地に、岩手銀行旧本店本館です



赤レンガで造られた重要文化財なのですね



中は無料で見学できるエリアと有料見学エリアに分かれています。



無料エリアしか行きませんでしたが、中の凝ってる装飾や明治時代を感じる館内を見学できて楽しめました



そして、ついに決戦の地へ赴きます

盛岡三大麺のラスト、東家本店さんの「わんこそば」です



店内に入るとまず「わんこそばですか?」と聞かれます

わんこそばの場合は整理券が渡され、準備をしてくれるまで
一階のエントランスで少し待ちます



整理番号をよばれ、席に着くと薬味が運ばれてきました

ああ、緊張する。100杯いきたいな~と思いつつ給仕の方が来るまで気が気じゃありません



時空を飛ばして、いつのまにか150杯食べていました

給仕のおば...お姉さんに「はい、どんどん」「はい、じゃんじゃん」と延々と一口サイズのかけそばが注がれていく

100杯くらいまでは「なにこれ余裕じゃん」とかぶっこいていたのですが、100杯からが地獄ですね。お腹いっぱいなのにひたすらそばを噛まずに飲み込み続けるという苦行でした

限界まで食べようとするわんこそばはそばを美味しく食べるものじゃありません。自分(の胃袋)との戦争です。

わんこそばは約15杯でかけそば一人前なので、10人前のお蕎麦を昼飯で食べたことになります。馬鹿か



あと一年くらいはそば食べなくてもいいかな...

なんとか盛岡三大麺全制覇しました



わんこそばの後1時間くらい動けなかったのですが、なんとか動けるようになり盛岡八幡宮へ行きました



旅中に死にませんようにと祈っておきました



気づいたら夕方になっていました。とりあえず盛岡駅の待合室で夜になるまで待つことにします



本当にお世話になった盛岡駅の待合室、あざした

夜になったので本日も、歴史文化館のベンチで就寝。

わんこそば食っちゃったから明日は漕がないと太る太る

100kmは絶対漕ぐぞ

【次回予告】宮沢賢治イーハトーブ藤原氏の奥州平泉へ

こちらからは以上です

【出発】もりおか歴史文化館
【到着】もりおか歴史文化館
【走行距離】14.05km
【合計距離】3626km

SNSでも旅の実況中
Twitter→@warukatta_na
Instagram →@waru_katta

↓ランキング参加してます。旅の励みになるので下の「日本一周」バナーをポチっとしていただけたら嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村